タイ語通訳キャンセル料金

タイ語通訳のキャンセル料は、以下の通りになっております

いったんご依頼のあったタイ語案件が後日キャンセルになりますと、タイ語通訳者はタイ語通訳のご依頼の会った日からキャンセルのご連絡の会った日までに受ける可能性のあった他の仕事が出来なくなりますので、以下のキャンセル料金を頂いております。

急な日時の変更により、通訳者の手配が出来なくなった場合も、キャンセル料を請求させていただきます

タイ語通訳キャンセル受付は平日の午前9時から午後6時までとさせていただきます。時間は、メールの着信時間から判断いたします。この時間外にいただいた御連絡は、翌営業日にキャンセルを受けたものとして扱います。

通訳キャンセル受付日の日数は、土・日・祝・年末年始を除く当社の営業日数で計算いたします。

通訳業務に関連して、各種の予約(ホテル、航空券、レンタカー)をし、その料金が見積もりに含まれている場合においては、キャンセル不可能な経費の全額がキャンセル料金として追加されます。

  • タイ語通訳のキャンセル料金規定
    キャンセル連絡日 キャンセル料率
    22日以上前まで キャンセル料金は発生しません
    21日前から15日前 タイ語通訳料金の30%
    14日前から8日前 タイ語通訳料金の40%
    7日前、6日前、または、5日前 タイ語通訳料金の50%
    4日前、または、3日前 タイ語通訳料金の70%
    2日前、前日、または、当日 タイ語通訳料金の90%

  • タイ語 通訳 見積

    タイ語 通訳

    通訳者を目指すための勉強方法

    通訳者になりたいという願望の中には、英語を用いた仕事を目指すケースが多くなっています。しかし最近は多言語を見直す傾向が強くなっており、タイ語など将来的に道が開けそうな内容も増えているのです。またスキルを磨いていく段階では、クイックレスポンスやリプロダクションなどのノウハウを参考にしていく事柄が必要になっていき、正しい訓練方法を用いることが重要になっています。効率的な勉強を確立させて、シャドーイングなど身につくツールを採用してく部分も大切なのです。 その一方でタイ語はクイックレスポンスやリプロダクションなどのノウハウを得るには比較的容易な内容であると経験者は語り、レベルが向上すれば向上するほど学ぶ楽しみが出ていきます。インターネット上に掲載されている多様なコンテンツを駆使して、飽きずに学習を継続していくことも大事になります。自分自身で通訳をしていくことになれば、表現力のアップやシャドーイングおよびリスニング力の強化をすることが重要となり、日々スキルを磨いていくような方向性を見出す部分も大切です。ゆえに早い段階で自主トレーニングを積めるような方法を模索していくことが重要になるわけです。 それから同時通訳は通訳者の花形と呼ばれる仕事になっていき、最終的な目標として目指す重要な観点になっていきます。語学の学習は日々継続してスキルアップしていこうという意識が大切であるため、ひたむきな姿勢を持ちながら高いレベルを求める部分も大事になります。またセミナーでは中級以上の方へ語学に置ける疑問や悩みを解決する方法を提案しており、通訳学習者どうしの相談の機会を設けるような内容となっているのです。 以上の事柄を冷静に振り返っていくことで、高い言語能力を引き出していくような方向性も見えていきます。タイ語に関しては新興国の地域をカバーしていることから、これから学習していこうという方向で考えている方にもオススメのラインナップとなっています。先輩方が的確なアドバイスをしていくような環境が構築されれば、学習につまずきそうな場面に遭遇したとしても、前向きに解決していくような様相が出ていくこととなります。 個人個人で勉強の方法は異なっていくものの、明確な目標を掲げていくことができれば、将来への道は自ずとひらけていくことになるのです。英語以外の言語に着目していくことは、幅広い選択肢を得る方向にも結び付いていきます。