タイ人との国際結婚:文化の違いから生じる問題点
  • ホーム
  • タイ人との国際結婚:文化の違いから生じる問題点

タイ人と国際結婚するにあたり、事前にいくつかの情報を知っておくことが大切です。お互いの愛を確かめ合ってそれが結果的に国際結婚になったとしても、スムーズな手続きができるよう双方で必要になる書類などを集めておくことが大事なのです。日本とタイの両国においての婚姻手続きは、文化の違いもあるので、それについて解説していきます。 まずはタイ語で表記された書類がいくつか存在しているということを理解しておくことが賢明で、先にどの国で入籍を済ませるかによってその後の状況も異なるのです。もしタイ語での手続きを優先させるのであれば、タイ人との国際結婚手続きにつよい法律事務所などに一度相談を持ち掛けることが大事になってきます。結婚に必要な保証人の欄に関しても、日本とは勝手が少し違っていくようになるので、その当たりも冷静になって確認していくことが大切です。日本とタイ双方でのやりとりをして婚姻に関しての手続きを全て終えるには約3週間ほどかかるので、時間的な余裕を持って行動するように心掛けることも重要なのです。 一方で日本との行き来をするにはビザの発注など発給される状況がどうであるのかについても確認していくのが大切で、もし無職であればきちんとした保証人をつけることもあり得るのです。若い女性の中には最低賃金で暮らされている方もいて、他の国籍の人と結婚していくには高いハードルを越えていく必要もあるわけです。提出する予定の役所で具体的な内容を確認して、過不足ない手続きが迅速にできるような準備を双方で目指していくのがこれからの国際結婚では必要になるのです。 また不法滞在者が多いというイメージで弾きだされるようなことを防いでいくためにも、我々日本人一人一人が国際結婚への意識を改めて見ていくことも重要なのです。文化の違いはありますが、永遠の愛を誓ったというならば、次のステップへどのように進んでいくのかを考えていくことが大事です。日本人以上に日本のことを考えてくれるカップルは、どの土地に住んでも歓迎されるような前向きに感じ取れるデータも残されており、常にプラス的な思考を持って頑張って過ごしていくことが大切となるのです。ポイントになっている部分をいくつかピックアップさせて、保証人の概要についてもきちんと確認していく点が当事者には求められています。厳しい審査を通過して、晴れて結ばれるカップルも実際のところはいるのです。タイ人との結婚を成功させるには、スカイプを利用してタイ語を勉強することをおすすめします。


 
   ล่าม แปลเอกสาร ภาษาญี่ปุ่น 英語翻訳 タイ 英語通訳 タイ語翻訳通訳